改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落書き30
rakugaki_cu.jpg



アルスター最強の戦士、クーことクー・フリンです。恒例の誕生日イラスト計画においてこの中から厳選された結果、今年はクーにしました!以下設定



ケルト側の主人公にして準主役。太陽神ルーの息子で半神半人。半神半人であるが、中身は人間に近く、他の神々と違うので特別な術を持っていない。しかし半神として活かしており、神々には衰えない程の高い身体能力を持つ。魔槍ゲイボルグを操り、ゲイボルグを片手で軽々と手にし、空中連撃を得意とする。戦闘に関しては、時として狂人化することもある。他人の気持ちには疎いらしく、特に彼に好意的を持っているモリガンに関しては、彼女のことを“殺意に満ちた恐怖の存在”にしか見えていない。いつもモリガンに追われて困っている。






前記の通り、半神半人の場合は優れた身体能力を持っているが、その代償として神の能力が退化している。一応、高い潜在能力によって人間離れしているのだが、基本は生身の人間性のままである。ただし、とあるギリシャの半神半人が死後から神格化された英雄神を除いてはね…


スポンサーサイト
落書き29
rakugaki_princ.jpg



業火の権天使ことR-9skプリンシパリティーズの擬人機。



炎の翼や赤いエナメル服、そして上半身のみ露出しているのが特徴。R-9AX系列の子孫なので肌が白い。上半身スケスケなのは、形式番号がsk(スケルトン)であるから。


落書き28
leo_x.jpg



無性に描きたくなったR-9Leo擬人機。



彼は他のR一族と違い、並行世界の地球出身である。しかし、シリーズによっては彼の本当の血筋はどれにあたるか、設定上混雑している。これもまた、バイド軍の面識には皆無な彼の謎のひとつでもある。





1.元となった『R-TYPE LEO』の設定において、並行世界に流れ込んだR-9Aを改装したということが記されたため、ダークグレーの髪の毛で外見年齢26歳の同い年であるR-9Aの血を引いている説。

2.『R-TYPE FINAL』の設定において、擬人機ではR-9A系列の派生はそれぞれ3つに分かれ、思考や肌の色に影響し、そのため同じ色白しているR-9AX系列の子孫にあたる説。

3.『R-TYPE TACTICS II』の設定において、Rw9A0から派生することが判明したことから、R-9/0との血縁関係があるという説。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。