改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落書き38
rakugaki_vv_lb.jpg



ちょっとだけ裏設定。擬人機バイパーはサイレント・ナイトメア事件蜂起前(つまるどころリバースの時代)までは髪の毛が長かったらしく、当時は腰下まで長かった。今はショートヘアーに落ち着いている。髪の毛を切断した理由は不明。ただ何故か前を垂らしている髪の毛だけが残している。その理由も不明。少なくとも本機体のバイパーの特徴を捉えられているのかもしれない。


スポンサーサイト
落書き37
rakugaki_morrigan.jpg



恐らく改神一前髪パッツン娘なモリガンだと思う。ちょこっとモリガンを紹介。



ケルト神話に登場する女神。漆黒の服装とカラスの羽飾りを身に付けているのが特徴。柔らかそうな印象だが、その実態は死と戦と破壊を招く者として恐れられている。普段は大人しく丁寧だが、心の中は狂気に満ちている。特にクー・フリンに強烈な愛情を抱いており、彼のことしか頭に残らない強い妄想癖で恋が絶っても諦めが悪い(ただクー本人は彼女のことを恐れているが、そのことは全く気にしていない)。暗器の達人で、特に投げナイフが得意。


落書き36
rakugaki_raharakhte.jpg



ラー様は地球がまだ未完成だった頃の時代である創造期から関わっていたが、創造期から登場した神々と違って生誕について謎に秘められている。少なくともアトゥムとは同期に登場したと言われている。


ギャクSTG日和 第2弾



また作ってしまった















今回も横STG御三家の擬人機を中心に、『ギャグマンガ日和』のパロディを作ってしまった。やはり文章のみ。

本題は「平田の世界」です。


[ギャクSTG日和 第2弾]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。