改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使い心地の乾燥…じゃなく感想
ども。おかげ様でアクセスが150突破しました。本当にありがとうございます。





さてさて、昨日のことについてだが、色々と語ります。


~DELETER CGillust 4.5PLUS 感想~



まずねぇ、今まで使ったDELETER CGillust 3PLUS(以下3+)と比べますとねぇ、3+のパレットは3種類しかありませんでしたが、4.5+はHSV、HSL、RGB機能が搭載されて、色相環が追加されました。あと、まだあるのは肝心なペン機能。3+は今まで鉛筆や透明水彩、エアスプレーとか焼き込みなどありましたが、4.5+のペン機能は更なる進化を伸し遂げました。鉛筆をはじめとして、カブラペン、カリグラフィ、油彩にパステルにのばしなど豊富なブラシが追加され、なんとペンをカスタマイズが出来るという優れた機能が追加されました。フィルタについて。3+は25種類のフィルタがありました。4.5+はそれらに+7種類のフィルタが登場じ、印刷風に写されるカラーハーフトーン、エレクトリックな模様を写し出されるプラズマなど追加されました。比較はここまでにしといて、ファイルは通常oci形式で保存し、続けて描きたいならこの形式で保存するといいです。もしHPに載せたいならJPG形式やPNG形式がお勧めです。




何だが初心者向けに語っているように見えたが… ま、いいか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。