改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国志4
guan_di.jpg



あまりに時間が無い時は最終兵器“H☆I☆G☆E”で描きました。


関羽を先頭に、息子(というか養子)の関平と部下の周倉が駆けつけています。



ここから、改三設定

関羽は長く靡く髭が特徴で、劉備と張飛と共に桃園で結ばれた蜀の猛将。次男。元の字は長生で、過去に塩の密売をしたことがある。義理堅い性格で、張遼の憧れ的存在であり、曹操さえ彼が欲しかったという。蜀の中で常識人だが、やけに空気が読めない時もある。鈍感なのか、赤壁で曹操を逃してしまい、諸葛亮の説教に聞かされたことがある。

関平は関羽の長男(演義では養子)。関興と関索の兄貴分。父の髭が長いのに対して、改三設定の関平は髪の毛が長い。父に憧れ、毎日武道の特訓している。実は小動物が好きで、庭にいる野良猫と遊んでいる。好きな小動物は猫と兎。

周倉は元々、黄巾党の一員だったが、関羽に惚れ込み配下になりたいと申し出た。関羽を“旦那”と呼び、慕われている。ところで、周倉と言えば架空の人物であるが、何故か自分の墓が存在するのは謎…


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。