改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポプイラ1
IMG_NEW.jpg
ポップンイラスト第一弾、フォトンです。

宇宙空間なので、銀河を意識して描きました。



この絵、なんて描いたのかな~~~……?

実は、0.5HBのシャーペン一本で描きました(^ ^;)
当たり前だと思いますが、結構グラデ塗るの楽しいですよ(笑)
今愛用しているHBもいいですが、薄い鉛筆なら固いH系、中間あたりならHBかF(筆記用に用いられる)、濃くて柔らかい鉛筆ならB系と一緒にお使いになると、描くのがもっと楽しめますと(笑)
まず、鉛筆の種類といえば、大体で5種類ぐらいあるんじゃないか?
一般でよく使われている鉛筆は六角型。六角型の特徴は、平らな机で転がれにくい。学校でよく鉛筆転がしして、ずっとやっていましたけど;(古)六角型の鉛筆といえば三菱鉛筆やトンボ鉛筆が代表的ですね。持ちやすくて、スケッチにピッタリなのは円型。専門的な用語だったらラウンドと呼ぶことになります。六角型と円型はお尻に消しゴムが付いてるものがあります。スケッチの他にカリグラフィーという書体が書ける平型。あまりお目に掛からない鉛筆だと思いますが、形はその名の通り平で、長方形となっております。気になるなら、画材専門店に売ってあると思います。ホルダー式は鉛筆とシャーペンを2で割った感じの感触です。シャーペンのように芯の入れ替えができるし(シャーペンと違い、芯が太めです)、鉛筆のような書き味が快感出来ます。製図用に向いてます。実は文房具屋によく売ってあるので、要チェック!最後にシャーペン、シャーペンは現在新しい技術が達していますね。特徴は携帯にも便利、あと細かいタッチも描けますよ!
鉛筆はモノクロームな世界で本当にイイ画材ですね~~~















………あれ?いつの間に画材のこと語りついちゃった。ま、いいか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。