改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
途中経過
pse_ss5.jpg



今回の機材はフォトショで描いたラー様。エジプト神話の神々の王ことラー様である。



改神舞台設定の内容

さてさて、私が描く神話の舞台というものは、時代内容は超古代と近未来を上手く融合した世界観で、つまり改神世界は時代差は関係ないのだ。一見ファンタジーの内容と思われるが、スチームパンク、パラレルワールド、ディストピア、サイバーパンクなどのSF要素を取り組んでいることから、所謂SF神話ファンタジーといったところだろう。主にメインとなる神様達だが、どういうことか人間界と共存していることで、一層シュールな境遇だと考えられる。また神々はものすごく人間臭が漂っているため、時にはとんでもないギャグ要素を盛り込まれている。本来ならばシリアスな内容である。










作業用BGMを探る中、現在お気に入りなのはクォース(AC、MSX2)と魂斗羅(MSX2)と悪魔城ドラキュラ(AC、SFC、X68000)である。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。