改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーゲームの本気




MSX風フリーソフトでMSXグラディウスシリーズの続編を目指して作られた「GR3」。

これはJavaが対応すればWinも一応Macも起動できる。システム的にはグラディウス2に踏まえているが、所々Eカプセルが登場しているところからMSX沙羅曼蛇に近く、パワーアップケージに至ってはゴーファーの野望Ep.2のようになっている。そしてこのゲームの独自のシステムは追加装備を組み合わせることが出来る。例えばエクステンドレーザーとメテオレーザーを合わせれば、スクリューレーザーに変化する。ステージ終了には、集められたEカプセルで装備を増やしていくという進み方である。

あと、MSX風でありながら、所々ⅡやⅢで見かけたボスが登場したり、そして博士ファン必見になる演出もある









GR3と同じくMSX風で、ガリウスの迷宮を目指して作られた「LA-MULANA」。

こちらはWindows対応となっている。ガリウスって付く通り探索アクションアドベンチャーで、様々なアイテムを使い、遺跡の謎を解明する内容となっている。MSX風だけに、プレイヤーはMSXを起用し、ソフトを使って様々な効果を発揮する。…と言うまでもなく、とにかくMSXネタが多い(特にコナミ)。

ネタバレになるが、隠しステージである「地獄聖堂」は最後までクリアすると、ある意味本当の地獄だったかもしれない。一応ニコニコ動画にもうpされているが、本当に見るのならYouTubeで「la-mulana hell」で検索すると分かる…が覚悟が必要である。









尚、これらのゲームの開発元はGR3 PROJECTで、今は解散になっているが、後にFLASHゲームを制作しているチームNIGOROが結成。そしてLA-MULANAはWiiウェアでリメイクするようになった。Wii版は仕様が一部変更し、利用するソフトはNIGORO製のFLASHゲームになる他、原作よりもやりやすい仕様になった(一部のボスは強化されているが)。



Wii版




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。