改造神話
主に擬人化とか創作とか神話とか様々な世界観をこなす適当第一歩。マニアックな名作レトロゲー考察も色々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Plants vs. Zombies2 植物解説4
毎日24時以降から開催されるお庭の戦慄パーティはまだ続いています。いきなりガルガンチュアなんてやって来たらヒヤヒヤします。もはや出落ちしか思いません。

今回3月27日より実装したFar Future(未来世界ステージ)から登場する植物たちを紹介します。









Laser Bean
コスト:200 再配置時間:早い
 レーザービームとレーザービーン…と何だか紛らわしそうなネーミングである。その名の通り、右端まで届くレーザーを放つ。しかも貫通力が非常に高く、特にShield Zombieが張るバリアを突き通すことができる。因みに、Far Future実装前にPinata Partyにて先行で登場した(当時、図鑑にはまだ載せていなかった)。プラントパワーは極太レーザーで1列に薙ぎ払う。コスチュームは赤いマントを着けている。

Blover
コスト:50 再配置時間:早い
 前作から登場した三つ葉のクローバー。今作はコストが半分になっていて、より使い勝手がよくなった。扇風機のような姿で、飛んでくるゾンビを一斉に吹き飛ばす能力を持つ。Far Futureのみならず、Pirate Saesにも飛んでくるゾンビが多いので、カモメやオウム等を吹き飛ばすのに使える。尚、宙に浮いているゾンビなら吹き飛ばすことが可能で、Spring Beanに跳ねられたゾンビにも効果がある。コスチュームはメガネを着けている。

Citron
コスト:350 再配置時間:早い
 名前はシトラス(柑橘類)が由来で、外見もオレンジとなっている。配置後、体は小さいがチャージし始め、大きく溜まるとプラズマボールを放ち、縮んだ体を再び溜め始めることを繰り返している。1体しか攻撃できないが、攻撃力が高く、コーンヘッドゾンビやPoncho Zombieを一撃で倒せる威力を持っている。通常攻撃力は全プランツでCoconut Cannonの次に高い。因みにLaser Bean同様、Pinata Partyで先行で登場したプランツでもある。プラントパワーは大きなプラズマボールを放ち、1列のゾンビを弾き飛ばさせ、ロボ系ゾンビまで着弾させ大ダメージを与える。威力が非常に高く、ロボ系ゾンビを一撃で破壊するだけでなく、挙句にガルガンチュアを一発で倒してしまうという前代未聞の破壊力を持つ。コスチュームは何故かジュースミキサーを被っている。

E.M.Peach
コスト:25 再配置時間:遅い
 EMPというのはElectromagnetic Pulse(電磁衝撃波)の略で、つまり訳すと「電磁衝撃桃」ということになる。5×5の広い範囲でロボ系ゾンビの動きを一時的に止めさせることができる。ロボ系ゾンビは体力が高いのが多いため、同じ停止効果を持つレタスやバターがキリがない時に使おう。特別な攻撃を持っていないが、Disco-tron 3000に召喚されたゾンビを(ショートしてしまうのか)一撃で倒すことが出来る。コスチュームは近未来風のヘルメットを被っている。

Infi-nut
コスト:75 再配置時間:標準
 見た目はWall-nutをホログラムにしたような姿である。ホログラムなのに防衛性能を持っているが、耐久性はWall-nutより低く、削られる度に透明化してしまう。しかし最大の特徴として、下にプロジェクターが設置してあるため、一定時間経つと自動的に再生するようになる。透明化された状態でも自然に回復することできる。プラントパワーは縦1列にフォースフィールドを張る。1体で一斉に壁となりまとめて防ぐことができるが、一部のゾンビだと幕を打ち破いてしまう。コスチュームはプロジェクターがゴーストバスターのようなトラップとなる。

Magnifying Grass
コスト:50 再配置時間:早い
 語源となるMagnifying Glassは虫めがねのことで、Glass(ガラス)とGrass(草)を掛け合わせた名前だろう。自力で攻撃できないが、タッブすることで50個の太陽を消費して攻撃する特有の方法を持つ。ココナッツやCitron程ではないが攻撃力が高く、Poncho Zombieの隠し鉄板を無視して一撃で倒せる威力を持つ。必要なのは太陽なので、Sunflower系を多く植える必要がある。プラントパワーは太陽光で表示中のゾンビを焼き尽くす。ヒマワリの数に応じており、数が多い程強力になる。コスチュームはターバンを被っている。

Tile Turnip
コスト:下記参照 再配置時間:標準
 見るからに怪しそうな紫色をしたカブである。Far Futureで導入されたパワータイルを、何処でも生産することができるようになる。2つ以上に設置すると、タイルに乗せたプランツたちがプラントパワーを同時に発動することができる。最大の特徴はなんとコストにある。最初は0で植えられるが、2回目のコストは250で3回目以降から2倍ずつ増えていき(例えば3回目は500、4回目は2倍の1000と続く)、最終的に8回目は16000個という衝撃的な破格を要求することになる(尚、溜められる太陽の最大限は9990個までである)。コスチュームはユニコーンの角を付けているが、元ネタは同社のパズルゲーム『Peggle』シリーズのキャラクター、ビョルンである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。